戸川様の体験談|小山市のインプラントなら栃木インプラントガイド



インプラント体験談

患者様の声

戸川嚴様

来院の動機は何ですか?
義歯を支えていた奥歯に激しい痛みを感じました。もしそれが抜歯となった場合、インプラントも視野にいれ、対応出来うる医院を地元、宇都宮、小山などに範囲を広げ、口コミ、ネット等々あらゆる手段を駆使して捜しました。その時、丹野歯科医院のHPに出会い、内容を見てみると、処置例、素材、代金などが分かりやすく、何よりも院長先生の治療に対する考え方が伝わってきたのが、期待を抱かせ、選んだ理由です。
歯を失った原因は?
口腔衛生、とりわけ歯に対する傲慢とも云える軽視と無知が、歯を、そして心のゆとりをも失う原因となりました。永久歯とは、唯一無二であり永遠に生え変わりは無いことの意味を理解しました。空気も水も、歯もあって当たり前のように思っていましたが、失ってみて初めて大切さに気付きました。懺悔・・・m(_ _)m
インプラント治療をされたきっかけは?
義歯の着脱のわずらわしさは勿論、食物を噛んだ時歯茎が痛み、硬いものが噛めない。その内、丸呑みすることが多くなり、胃を痛める。食べ物の美味しさが半減どころか、悲しい位感じなくなりました。咀しゃく機能の低下が味覚、胃のみならず、イライラ等、性格まで歪めてしまうとは思いもよりませんでした。これらのことにより、義歯の限界を痛感し、この窮状から脱しえるのはインプラント以外にないと考えました。
インプラントのOPEはどうでしたか?
最初、手術前は多少恐怖感がありました。口元だけが開いた覆いを被された時、最高潮でしたが、合間合間の内田さんの語りかけが紋切型ではなく、その間合い、口調、内容が絶妙のテンポルパートであり、落ち着きを取り戻し癒されました。めげずに2年間も通えたのは先生の医療技術への絶対的な信頼と内田さんを始め、スタッフの方々のそう云う心遣いの蓄積があったからと思います。本当にありがとうございます。感謝多謝
院内の様子やスタッフの対応はどうでしたか?
院内はいつも患者で混雑。でもこれは、それだけ丹野歯科医院の医療への信頼・支持が高く、幅広い事の証しと理解しました。「待って、1日でも早くよくなれば・・」と思うと、さほど苦にはなりませんでした。長が~い時間掛けて歯を壊したのですから。考えてみると、「待つって」患者として治療に参加・協力出来る唯一の方法なのかもしれません。スタッフの方々の対応は確信に満ちており、安心感がありました。
その他何かコメントいただけますでしょうか?
「やはりインプラントならここだ・・」と決心したのは院長先生の丁寧な説明だけではなく、ビジュアルを使った説明がとても理解し易かった。聴覚・視覚の相乗効果に相まって、色々質問する余裕が出来ました。ここに確かなインフォームドコンセントがありました。加えて院長の治療に対する姿勢があります。豊富な経験則に埋没することなく、常に新しい医療技術・知識を求めてグローバルな海外研鑽を続けていることです。
戸川様写真 戸川様の声用紙
治療経過
インプラント写真1 インプラント写真2
(初診時の口腔内写真)上顎は前歯しか残っていない状況で、食事時には、大変苦労されているということでした。 (初診時レントゲン写真)
経過写真1 経過写真2
(術後のレントゲン写真)All-on-4により、インプラントが4本埋入されています。 (プロセラインプラントブリッジ)
経過写真3
(治療後の口元の写真)口元の見た目も回復し、食事の時の快適性と共にとても満足していらっしゃいました。

このページのトップへ


その他の患者様の声

このページのトップへ


お気軽にお問い合わせください

インプラントのご相談はこちらからどうぞ

インプラント治療に関するご相談・ご質問を随時受け付けております。皆様からのご相談・ご質問はインプラント歯科医がお答えしますので、お気軽にお問い合わせください。



Copyright(C)2007 丹野歯科医院. All rights reserved.